2012年04月05日

ガウディの名言

世の中に新しい創造などない、あるのはただ発見である。

自然が作り上げたものこそが美しい。我々はそこから発見するだけだ。

創造的であろうとして、意味の無いものを付け加えてはいけない。
自然の原理をよく観察し、それをよりよくしようと努力するだけでいい。




先日、テレビを見ていて知った、偉大なる建築家アントニ・ガウディの名言。


ガウディの特集というわけではなく、何かの例えでちょっと出ていた言葉でしたが、さすがだなぁ〜と感心してしまいました。

どの言葉も素晴らしい。

まさに操体で言っているのはこういうことなんです。



そして、特に操体を臨床で行っている・・・いや、使っている方達にぜひ考えて欲しいのがこの部分。
「創造的であろうとして、意味の無いものを付け加えてはいけない。」


より複雑な技法を知っている?

これまでにない新しいやり方?


・・・操体は深まれば深まるほどよりシンプルになっていくものです。



橋本敬三先生は何かを新しく創り上げたわけではありません。

既に自然の中にあった当たり前の法則に、ただ気がついただけ。


だからこう言ったのでしょう

「橋本式なんてねぇよ。自然の法則なんだもの、誰がやったっていいんだ」と。
posted by すなけン at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 操体
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54818019
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック